HOME > ブログ - Blog > いよいよ12月

ブログ - Blog

< 気が付いたらなんと、11月!  |  一覧へ戻る

いよいよ12月

今年もついに、最後の月になってしまった!こんなに中途半端な気持ちなのに、もう暮れ?と戸惑ったって仕方がない。
12月はイベントが多い月だ。まず一番多いのがいわゆる忘年会。なぜ年を忘れなくてはならないのだろう・・・まだ良くわからないが、とても日本的な発想だと思う。もしとてもいい年だったら忘れたくない!もし嫌な年だったら、そりゃ忘年会の意味がよ~く理解できる。そうだな、今年はいい年だったかな、少なくとも特別嫌なことはなかった。あっという間だと言いながら、1月からのことから思い出そうと思うと、これと言って特別なことは浮かばない!

あ~、今年は神社らしい神社にお参りに行ってない・・・これは申し訳ないので、今月中に行っておこう!

今年一番思い出深いのがやはりパティー・ボイドの写真展だろう。ジョージ・ハリソンの妻を数年した後で、次はエリック・クラプトンの妻。そしてそれも問題ありで終わっても、今でも素敵なご主人がいる。ある意味幸せだったけど、きっと大変な人生を歩んできている。彼女の自伝を読んでも、それは伝わってきた。やはり大変なことをやってのけてきた人は、それなりに平坦に生きてきたわけではないだろう。でも、あのビートルズが絶好調のころ、彼女はジョージの隣で、ずっと彼らの写真を撮り続けていた。そして、それをジョージが亡くなった後に世の中に発表したわけだ。その当時の写真が”Geroge, Eric & Me" と言う形で、世界中で展示会が催されている。日本それも、アジアではこれが初めてだった。私はその60年代ましてや、イギリスの60年代を体験しているので、当時の世界にもう一度引っ張り込まれるような気分になった。そして、パティ・ボイドと言う素晴らしい人物とも、共に食事をしたり仕事をし、良い思い出が残ったわけだ。これは今年の4月の話。

まあ、年1回良い思い出が作れればありがたいことかもしれない。

そして全く個人的な話だが、夏には私のイギリスの高校の同級生のお嬢さんが日本に来ると言うので、その方と会った!何しろ高校卒業以来、2~3年前まで全く音信不通だった友人のお嬢さんに会えるなんて、夢のような話だ。もう20歳を超えたお嬢さんは彼氏と二人で恵比寿にやって来た。お会いできたのは本の1時間くらいだったが、なんか一種の感激だったのを覚えている。これは5月の話。

今日はここで終わろう。

また今週、その後のいい話を思い出そう!

< 気が付いたらなんと、11月!  |  一覧へ戻る

このページのトップへ