HOME > ブログ - Blog > アーカイブ > 2018年7月

ブログ - Blog 2018年7月

いろんなことが起きている夏。

気が付けば、もう梅雨も明け、すっかり夏。明日は東京の気温が40度になると言う。
私は何しろ7月15日前に夏休みを取ると言うのが、一つのポリシー。夏になればとるものだが、15日を過ぎると、なんと学生たち全員が夏休み。そんなめでたい時まで休みを待っていればすっかり海も山もディズニーランドも込み合うのは当然。どこへ行っても無理無理無理。そこで、私は慌てて沖縄へ行ってきた。あのサンセットの素晴らしさはずっとこことに響いている。仕事があるのに、沖縄。何とのんきな社長!!デモ人間これで正解なのだ・・・と私は信じている。
人は働く。でも働くのは遊ぶからこそ働けるんだ。そんな哲学を持っているのは、日本では私だけなのか・・・間違いなくフランス人は持っている。それにヨーロッパの人たちは。日本の人たちは本当に遊ぶのがどうしてかわからないが、下手だ。あの高速の混み方、新幹線が100%、そして空の混み方。すべてがお盆の時期。これが緩和されるらしいとは言ってはいるが、すぐに今年からというわけにはいかない。皆さんもぜひ夏にはお休みを取りましょう!!

それにしても、今年の水害は酷い。あの広島、岡山など中国地方の被害はいったいなんだったんだろう。普通に生活をしてたら、ある日雨が降り出して、それが降っても降ってもやまない。そして雨が1階を、2階を3階近くまで埋め尽くし、電気や水道が止まり、何日か前まで過ごしていた家がただのがれきの山になっていく。こんな現実を誰が予想していただろう!誰にでも起こりうる、だけど考えてもない現実が。気を付けても気を付けようのない悲劇・・・いつ何時いきなり自分に襲ってくるかわからない悲劇だ。今出来ることは最低でもボランティアをやる体力は持ち合わせないので、少しの義捐金の協力しかない。

今年の夏はいろんなことがある。タイでは12人の男の子と先生が無事救出された。それもアメリカ製の凄いカプセルに包まれて!すべての状況に驚きの話だ。まず、閉じ込められたその状況、そして中にいると発見されたその状況、そして発見された全員が健康で、更に笑みをこぼしていた状況。それが全部まるで嘘のようだった。そして世界の協力で全員が救出。九州津を試みていた人が一人犠牲になったが、これだって、誰が予想しただろうか。アメリカの技術、タイの尊い精神世界の活用。一番気になってのは、いったい誰がお金を払ったのか!?これがなんとタイの国王だそうだ。国王、そして政府がお金をだし、そしてさらに、アメリカをはじめ様々な国。もちろん日本もその中に入っていた。それにあの子供たちが穴の中で見せてくれた笑顔の秘密に振興宗教ではないタイの仏教の助けが大きく光っている。皆がやっていた座禅ーMeditation。日本の一般的な宗教のなさに不安を感じる今日この頃。どうして、もっと本物の仏教が育たないのだろう。問題の多い日本の教育の原点はそんなところにあるのかもしれない。

今日は全くお仕事の話をしなかった。

1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ